ODG-OPTICS DESIGN GROUP-日本光学会光設計研究グループ
HOME
概要
入会案内・バックナンバー
研究会・チュートリアル
光設計賞
国際会議
リンク
english
光設計研究グループホームページについてのお問い合わせは、
master2015*opticsdesign.gr.jp
まで
(*を@に変えて下さい)
 

opticsdesign.gr.jp を検索
WWW を検索
 
 
 
 
光設計賞
光設計優秀賞
広帯域波長掃引量子カスケードレーザーの開発
   受賞者 :枝村 忠孝、杉山 厚志、秋草 直大
   所属  :浜松ホトニクス株式会社

左から審査委員長の辰野氏、受賞者の杉山氏、枝村氏
 授賞理由
 光源・材料・光学系の工夫によって従来のレーザー光源に対して数十倍の波長掃引幅を実現した革新的な性能向上と、光源モジュール全体をコンパクトにまとめ上げた完成度の高さを評価します。従来の装置を利用できなかった現場への導入が期待できることから、本技術は将来性・実用性が高いとして、光設計優秀賞を授与します。
 概要

量子カスケードレーザー(Quantum Cascade Laser, QCL)は量子井戸構造中に形成されるサブバンド間の電子遷移を利用した中赤外領域の半導体レーザーである。この中赤外領域には様々な分子の基本振動による強い吸収が存在し、QCLを用いることにより非常に高感度な分光計測が行えるものと期待されている。分光計測用レーザー光源として外部共振器を用いた広帯域波長掃引QCLの開発を行った。広い利得スペクトルを持つ活性層構造を新設計し、これを利得媒体に用いて外部共振器を構成した。MEMS機構による可動回折格子とすることでモジュールの小型化に成功した。このような広帯域波長掃引光源の実現により、これまでFTIRなどを用いた実験室レベルでの分光計測技術を現場でのリアルタイム計測可能なものとした。

    

ポリスチレンフィルムの吸収特性の実測結果(EC-QCL:本技術)
 
Copyright(c)2008 ODG〜OPTICS DESIGN GROUP. All Rights Reserved.